折り紙

たまたま図書館に行ったら大人の折り紙の本を発見!!
千代紙とかで作ったらとっても魅力的なモチーフつなぎの折り紙。
なんか魅力的です。
きっちり折れて作れたら、鍋敷やコースターなどにもなりそうなデザイン(*^^)v

でもいきなり千代紙はちょっと高いので私は格安折り紙で練習することにしました。
安くあげようと普通サイズの折り紙をカットして作ったんだけど・・・・きっちり正方形にならず白が目立ってしまって微妙になってしまいました。
これは普通の折り紙をカットしたのできっちり正方形にならず・・・ところどころ白いところがあります。この形をたくさん作ってつなげていきます。これは黄色をベースに作ってみました。

折り紙1

そこで仕方なく初めから小さい折り紙を購入しました。
周りから見たら「この人千羽鶴作るのかしら?」と思われていそうな感じ。
まぁそんなことはいいとして、頑張って作ります。

折り紙2

そういえば小さい頃も箱とかいろんなパーツを組み合わせて球体を作った記憶があります。
私も今更ながらそういったものを作りたいなと思い始めました。
以前動物を作ろうと思って折ってみたのですが、難しいのは本当に難しく途中でわからなくなり断念。
それと比べて、私が今挑戦しようとしているのは何種類かのパーツを折って組み合わせるだけなので、意外と簡単なのに結構超大作に見えちゃう代物。

友達とかに「これ作った」と言って見せたら「すごーい」って言ってくれると思う。まぁ自己満足の世界ですけどね。

ただ・・・実はセンスがいるのです。全部同じ色で作ってしまえばセンスもくそもないけど・・・。やはりどうせ作るならばグラデーションとか色の配色には気を配りたい感じなんだよね。
そこに千代紙みたいに素敵な柄が入ればそれまた魅力的。でも高い折り紙で折るのは技量が上がってからでないともったいないのであります。

きっちり正方形に作れるのならば、ラッピングペーパーで作ってもかわいいのが作れそうです。
そうそうシャチハタが出している「おりがみ工場」というもの知っていますか?これを使うと正方形に簡単に作れてしまうのです。シャチハタってハンコしか商品がないと思いきや・・・こういった文具もあるのでした。

折り紙は子供の遊びと思っていましたが、意外と大人でも魅力を感じられるものなのです。逆にこういったモチーフつなぎみたいな単調なものは子供は好きじゃないかもしれないですね。やはり子供は動物とかお花がいいのではないでしょうか?

折り紙の基本

折り紙は略記号を覚えていないと谷折り山折りとかどう折っていいのかわかりません。
———— こんな点線は谷折り(その線が谷になるようにること)

―–-–- こんな点々が2個あり長い線があるものは山折りとなります(その線が山になるようにおります)
●    こんな●は、●しるしを合わせております。

ここには書き表せないものもあるので、その本の最初のページあたりに書いてあるのでよく読んではじめてくださいね。これが頭にないと折り紙が折れません。
特に子供の簡単な折り紙だと次の絵を見たりしてなんとなく折れたりするけど・・・大人の折り紙はある程度知識がないと難しいので折れません。
私も折っている途中で分からなくなり折れなかったものがたくさんあります。

折り紙って小さいときに作っていたので簡単に思えますが・・・意外と難しいのです。
今回実感しました。

でもその分完成するとうれしいです。でもまだまだきっちり折れていなくてへにょへにょになったりするけど・・・

手裏剣

やはり折り紙と言えば・・・手裏剣でしょ。
昔よく作ったでしょ!私もよく作りました。
これまた子供のリクエストで作るようになりました。

いろんな色の組み合わせが出来て楽しいですね。
手裏剣

こんなかんじです、もっとたくさんありますがほんの一部です。
これも組み合わせていったら立体になりそうだよね。
なんかこんな感じに組み合わせていくのって結構楽しいかもしれない。
綺麗におらないと白い部分が出てくるし、差し込みづらくなすしね。
そういったこともあって、きっちりきっちりおりたくなるよね。でもきっちりおってるのに・・・ずれてくる。紙が正確な正方形じゃないのかな?とも思う。
暇な時に色々作って楽しもうと思います。

あとは箱も作るのは楽しいよね。シンプルな奴。
最初の方に作ったやつは蓋だけで4枚、箱だけで4枚使うので結構大がかり。
そうじゃなくて1枚だけで作れる箱。
箱

こういう箱。小さいものを入れられるし・・・意外と便利。ただこれは同じ大きさなので同じ箱をもう一つ作って蓋にしても窮屈であまり良くないのであくまでも蓋なしの箱になるけどね。

整体の効果について

みなさんはこれまでに整体を受けた事はありますでしょうか?

もし、これまでに一度も整体を受けた事がないなら一度は整体を受けてみる事をおすすめします。

その理由は簡単で実際に整体を受けた私が整体を受けたおかげでかなり体調が良くなったからです。ですから、これまで整体を受けた事がないという方はぜひ一度は整体を受けてみる事をおすすめします。

それで多くの方は整体を受けて良かったと感じると思います。少なくとも私はこれまでに整体を受けてみてそう感じました。では、具体的にどういう点で整体を受けてみる価値があると感じたのかというと、それは整体を受ける事で体の歪みを取り除いて体の不調を治す事に貢献できるからです。

ですから、私は実際に整体を体験してみて本当に良かったと思っています。

それぐらい、整体は体の歪みを直すのに役に立つのでまだプロの整体を受けた事がないという方はぜひ一度はやってみると良いです。それぐらい良いものです。

整体は、整体スクールなどで、プロ志望じゃなくても、自分の健康増進のためにと資格取得を目指す人も多くいるみたいですよ。

お花

折り紙で、お花なども昔作った記憶があります。
アジサイとかゆりとか・・・・。
そう思うと折り紙ってすごいなぁと感心してしまいます。

でも今はまっているのが・・・花の形をした駒です。
3枚の折り紙を使って作るのですが、見た目もカワイイ駒なんですよ。
お花

これなんです。本来は3枚で作るところを今回は4枚使いました。
なぜかというと外側の緑と黄色のやつは本来1枚で作ります。でも1枚で作ると・・・黄色の部分が白(裏)になるんです・・・。だから本当は両面折り紙を使うのが良いのですが・・・なかったので2枚重ねて両面のようにしました。
ピンクのお花が咲いているようでしょ!ちょうどいい感じに緑があるので葉っぱみたいになりました。
柄のある折り紙で作ってもカワイイよ。
また駒なので回して遊ぶのですが・・・こんな感じになります。
駒

まぁ想像通りですけど・・・。

っぽいってだけで・・・お花を作ったわけじゃないんですけどね。すみません。
でもこの駒は見た目よりも簡単なんです。
最初は娘が保育園の先生に作ってもらったって喜んで帰ってきて・・・同じのを作ってと頼まれて・・・こんな難しいの作れるかな?なんて思ったら意外と簡単でした。

ユニット折り紙

なんか・・・ユニットっていうと難しい感じがすると思われるかもしれないけど・・・実は女の子なら一度は昔作ったことあるんじゃないかな?
私もそうでした。でもおり方をすっかり忘れていたので調べつつ作ってみました。
折り紙5
これはやや小さめだけど・・・こんな立体見たことないですか?
実は・・・こんな小さなパーツの集まりなんです。
折り紙6

これをたくさん作ります。も何種類か使うとバランスいい色合いになります。
今回は3色にしました。1色4個作って3色あるので12枚おりました。
もっともっと多く折ればもっと大きな立体になります。

とりあえず別のショットはこんな感じです。

折り紙7

グラデーションにすると見た目もよくなると思います。
色合いも考えながらできるので結構楽しいです。
黙々とできちゃいます。

またこんなパーツをつなげても似たような立体ができます。
折り紙8

とりあえず3枚続繋げるとこんな感じです。
折り紙9

早いとこたくさんパーツを作って立体を完成させたい!
完成が待ち遠しい。
色合いは今回明るめにしていきました。

箱作り

単なる動物とかは子供の折り紙という気がします。
やはり大人は箱とか飾り・・・はたまたお花なんかがいいと思う。

それには実は普通の折り紙ではなくて、紙がしっかりした包装紙とか千代紙とか両面折り紙で作るのと仕上がりももっともっと素敵になります。
私もそういう紙を買おうと思いましたがまだ技術が伴わず・・・・無駄にしそうなので安い折り紙で練習しています。
本やネットに載っているような素敵なものを折りたいよ。

折り紙3

ちょっと練習なので色合いが微妙ですみません。貝殻モチーフで作ってあるので水色や青なんかにしたほうが良かったかもしれません。
これはちゃんと箱になっているんだけど・・・これだとあまり下の箱がわかりませんね。

折り紙4

ふたが開くとこんな感じです。下の色とふたが色が違っています。
でも色合いは合わせました。中も少しおり方を工夫しています。

ちなみに貝は二種類あるの気付いてもらえましたか?オウム貝と巻貝です。
やはり両面折り紙で折ったほうがよさそう。
だって裏の白がでるのでなんか貧祖だよね((+_+))